出来るだけ安くうちわ作成するコツ

うちわで困ったら

うちわを激安で作るには、印刷会社選びを始め、計6つの画策が!ここでは激安にうちわを作成する方法をご紹介します。

うちわで困ったらメイン画像

新着記事

長期に使える竹製うちわ

キャンペーンうちわでも、長期に使えるような高級感のある竹製でオーダーすると和風を強調できる

人気のうちわはどんなもの

現在人気のうちわは、売上も好評、自分で作るオリジナルなタイプのデザインが楽しめるのが一番の魅力

出来るだけ安くうちわ作成するコツ

うちわは1本なら高くない商品と言えますが、一度に数百とか数千本とか大量に作るとなったら、お財布に厳しいですよね。

いくら営業の為のうちわと言っても、材料や調達で物凄く日数や費用がかかったら無意味になってしまう可能性もあるので、できるだけ手間をかけず激安に作りたいものですよね。

とはいえ、業者も沢山あって判断基準が難しく、どうやって注文し出荷してもらうのがベストが悩むところですよね。

ここではそんなオリジナルうちわを出来るだけ激安に作成するコツを6つほどご紹介していきます。

コツ1.販促商品のうちわはオフセット印刷にする

営業用等の数が不特定多数必要となる広告うちわは、印刷業者に注文するのが画策です。

沢山印刷すればそれだけ単価が低くなるシステムのオフセット印刷となるので得ですし、画像もフルカラーで鮮やかで綺麗な仕上がりといったメリットもあるので、写真付きPPうちわや紙製うちわでも印刷うちわはおすすめですね。

コツ2.送料がタダの所を選択

依頼するなら送料負担が無しで注文受付をしている印刷会社を選ぶべきですが、タダと表面的な条件だけに着目し、すぐ注文の確定ボタンを押さないように。

地域によっては対象外だったり、いくら以上購入の場合のみといった可能性も少なくありません。

要確認してからの利用してくださいね。

コツ3.既製品<データの入稿<デザインの注文を。

うちわを印刷業者に作成依頼する際、その価格はどの工程から依頼するかで大きく違ってくる可能性があります。

最も高額になるのがデザイン性の作成から頼む時で、その次がデザインのデータは自分で作ってから入稿の時、最も低価格になるのが絵や柄が既に決定している加工品を頼む時。

ある業者は、デザインの制作費として5千円、入稿のデータ確認費に千円といった手数料の値段を設定していますよ。

即ち、オリジナル製が重視なら、データは自分で作るのが利口ですし、加工品なら更に安価なので、デザイン案を多数販売している業者の選択が望ましいですね。

コツ4.最も安いのはスタンダードうちわ

うちわのコダワリがなければ、最も低価格なスタンダードなタイプのうちわの選択を。

コツ5.お手頃なのは丸うちわも

骨の箇所の材料代がかからず、他と比べてもお手頃価格なのが丸うちわです。

スタンダードのよりも低価格の設定の業者も少なくないですよ。

コツ6.うちわは白色の骨で

うちわの骨カラーは、白が定番となり、黒や水色など多種存在。

骨はカラフルだとデザイン性が高く個性的で魅力でも、単価にプラス価格となり、値段が高め。

なので少しでも激安を求めるなら白にするのが賢いですよ。