京うちわの魅力について

うちわで困ったら

各地に残る歴史と特徴のあるうちわ、京都では骨の数で等級の決まる高級品があり、舞妓さんなどに愛用されている

うちわで困ったらメイン画像

新着記事

長期に使える竹製うちわ

キャンペーンうちわでも、長期に使えるような高級感のある竹製でオーダーすると和風を強調できる

人気のうちわはどんなもの

現在人気のうちわは、売上も好評、自分で作るオリジナルなタイプのデザインが楽しめるのが一番の魅力

京うちわの魅力について

京うちわは、上の骨の数によって、うちわの等級が変わります。

京うちわは、御所うちわの別名があります。

京都の老舗の料理屋さんなどでは、白地に赤文字で舞妓さんの名前などが書かれたうちわがありますが、あれが京うちわの代表的なものです。

京うちわの始まりは、宮廷で身分の高い人が使っていたもので、美しい装飾に特徴があります。

伝統的な京うちわは、竹骨が50本からあり、最高級のものは100立てと言って、飾り用うちわとされています。

竹骨は多ければ多いほど高価で等級があがります。

50本のものは5立てといって、最も安価なものです。

90本は9立てで上級品になります。

古典的な丸型だけでなく、角型、長柄型という柄が細長くなったタイプ、羽子板型というのは、角型に似ていますが六角形の形をしています。

京うちわについての参考知識→京うちわ - 京都府 伝統工芸品

うちわは、地方の名産品であった歴史的な背景があるので、独特のものが各地に残っています。

旅行の際に買い求めるなどして、コレクションするのもいいですよね。