キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 アパート建築費リサーチナビ!

アパート経営に避けて通れないのが建築費

比較的広い土地を持っているのでそこにアパートを建ててアパート経営をしようと考えている人は多いようです。

安定した家賃収入が見込めると人に勧められて考えることもあるようですが、アパート経営のメリットとデメリットについて知っておきましょう。

【アパート経営のメリット】

アパート経営のメリットは、やはり安定した収入が得られることです。

健全な経営ができれば長期に渡って安定した収入が得られるので老後の生活資金にと考えている人もいます。

これが目的でアパート経営をするという人も少なくないのです。

また、自身に万が一のことがあった時、アパートを持っていれば家族に資産を残すことができる、生命保険代わりになります。

【アパート経営のデメリット】

アパート経営にはデメリットもあります。

一番考えなければならないのが、空室になることです。

家賃収入で安定した収入が得られると言われていますが、これは入居者がいればの話です。

空室が多くなってくるとローンを組んで建築費などを払っている場合は、その返済が苦しくなってしまうことがあります。

アパート経営を考えるなら、まず最初にどの程度の費用が必要になるのか、どのくらいの期間返済をおこなっていかなければならないのかを把握することが重要です。

情報サイトである土地活用の窓口には建築費の相場が坪数や構造ごとに記載されていますので参考にすると良いでしょう。

【リスク回避は最初にできる】

空室が増えると家賃収入は減りますので、そこからローンを支払うとなると利益も減ってしまいますよね。

しかしこういったリスクはアパートを建築する時にある程度回避できます。

空室にならないようにするにはどうすれば良いか、どのような設備を揃えたら入居者が来るか、などを考えて建てればすぐに失敗するようなことはありません。

高い建築費をかけるのですから、最初にしっかりと計画を立てることが大切です。